種子

ハイブリッド・ケンタッキー・ブルーグラス

スピットファイヤー(Spitfire)

商品ロゴ

スピットファイヤーは、テキサスブルーグラスとケンタッキーブルーグラスを掛け合わせることに成功した最新品種です。
テキサスブルーグラスの耐酷使性・旺盛なクリーピング性とケンタッキーブルーグラスのキメ細かい美しい葉姿と高密度の長所を兼ね備えます。
スピットファイヤーは、ケンタッキーブルーグラスの使用出来るエリアを南へ拡大しました。そしてスポーツフィールドにおいては欠かす事の出来ない踏圧性も大変優れています。
スピットファイヤーの特性は、ゴルフ場及びあらゆるスポーツフィールドでも非常に高いパフォーマンスをお見せする事でしょう。

生育

発芽:
理想的な状況下では4~8日
初刈り込み:
発芽から約2週間後
初期限定使用:
発芽から3週間後

特徴

  • テキサスとケンタッキー両ブルーグラスのハイブリッド交配種
  • 耐塩度は中くらい
  • 高い耐乾性
  • 高い耐暑性
  • 深緑の葉色
  • 広域に伸びるほふく茎
  • 高いターフクオリティ
  • 使用場所:スポーツ競技場、ソッドファーム、公園、家庭の芝に理想的。典型的なケンタッキーブルーグラスに比べて、使用範囲がさらに南に広げることができる。

長所

  • 水と肥料の減量
  • ソッドの強さ
  • 年間を通じてのパフォーマンスの高さ
  • 深く伸びるほふく茎が踏圧からの立ち直りを早く達成させる
  • ケンタッキーブルーグラスに比べて南部の湿気の多い地域での耐病性に優れる

播種量

粒数:
2,000粒/g
播種量:
TEE
40g~50g/m2
FW
20g~30g/m2

ターフクオリティ2005年CTB T ブルーグラス試験
試験場所:アーカンソー州フェイエットビル 2006年の数値
ターフクオリティ(デジタル分析)1-9; 9が最高値

ターフカラー2005年CTB T ブルーグラス試験
試験場所:アーカンソー州フェイエットビル 2006年の数値
デジタルカラー 1-9; 9が最高値

春季グリーンアップ ブルーグラス
試験場所:ニュージャージー州 アデルフィア 2002年9月
1-9; 9が最も早い

ブルーグラスに発生するさび病 2005年
試験場所:アーカンソー州フェイエットビル 2006年の数値
パーセントはデジタル分析の数値