種子

ペレニアル・ライグラス

パンサーGLS(PantherGLS)

商品ロゴ

交配者

NJAES/ラトガーズ大学/アドヴァンタシードパシフィック

パフォーマンス

パンサーGLSはアメリカ・カナダの30の地域で評価される2004年NTEPペレニアルライグラス報告書06-1(2005年のデータ)のターフクオリティ部門で2位タイにつけました。また2005年に行われたNTEPのテストで、スケジュールB(ほどほどの管理が必要な競技場)のターフクオリティ部門で1位タイとなりました。パンサーGLSはグレイリーフスポットに耐病性が高いことも知られています。2004年から2005年にかけて行われたターフグラス交配者テストにおいても、パンサーGLSは高い耐グレイリーフスポット性があることが証明されました。その他のテスト結果についてはwww.ctbt-us.infoでご覧いただけます。

播種

日程:
春もしくは秋の土壌中温度が16℃以上のときに行います。ペレニアルライグラスは生育が最も速い寒冷地用芝草です。パンサーGLSのようにより新しい品種の晩秋から冬にかけてのターフ品質評価は、急速に発育し魅力的なターフを晩秋から初冬にかけて造りあげることを証明しています。
割合:
1平米につき27~36グラムを播種します。パンサーGLSの種子量は、収穫された年や生産地域にもよりますが、大体450グラムにつき288,000個です。
深さ:
6.5~12.5ミリの深さに撒きます。